スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★企画書・提案書作成サービス
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン (DO BOOKS) [単行本(ソフトカバー)]

プレゼンで、もっとも大切なこととは?

一般的に“プレゼン"と言うと、なるべく多くの情報を盛り込んで準備を行ない、流暢な話し方できれいな資料を用意するものというイメージがある。

ところが、「相手に伝わるプレゼン」という意味で言うと、これらの要素は決して優先順位としては高いものではない。

プレゼンでもっとも大切なことは、聞き手のニーズを汲んだ切り口と、そのニーズに的確に対応した提案のポイント、そしてそれを論理的に展開したストーリーだ。

プレゼンは営業効率を高めてくれる重要な手段であり、その正しいプロセスを理解、実践することで、“プレゼン力"はアップし、“営業力"も飛躍的に高まる。

本書では「顧客の意思決定」を勝ち取る、プレゼンの準備「7つのプロセス」をわかりやすく解説する。

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン (DO BOOKS)

新名 史典 同文館出版 2013-12-27
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス
スポンサーサイト

TEDスピーカーに学ぶ「伝える力」 魂を揺さぶるプレゼンテーション (角川フォレスタ) [単行本]

世界最高峰の講演会「TED」にて、日本人で初めて正式にスピーチを行った著者による完全書き下ろし。

「自分の奥底に眠る、自分だけが持つメッセージ」を明確にできたとき、聞く人だけではなくあなたの人生すら変えてしまうような“魂を揺さぶるプレゼンテーション”が必ずできる!

TEDスピーカーに学ぶ「伝える力」 魂を揺さぶるプレゼンテーション (角川フォレスタ)

BLACK KADOKAWA/角川学芸出版 2014-02-22
by ヨメレバ



★企画書・提案書作成サービス

海外プレゼンテーション入門 海外で伝わるプレゼンテーションの手法とスライドのつくり方 [単行本]

大手自動車メーカーの英国デザインスタジオを率いた筆者がグローバルビジネスで伝わるプレゼンテーションの手法とスライドの作り方を伝授。

筆者の豊富な経験から語られる、英語でプレゼンテーションをするときの注意や心構え、ロジカルに伝えるための構成やスライドデザインを解説した本です。

海外に英語でプレゼンテーションをするときには、異なるバックグランドを持つ世界の人々に伝わるように、構成の組み立て方やスライドの作り方を変える必要があります。

本書では、自己紹介、マーケット分析と新プロジェクトの提案、日本製品の海外への売り込みなど、具体的な場面を想定したプレゼンテーション事例を掲載し、その手法を具体的に解説しています。

また、自分でもプレゼンテーションの構成やスライド作成ができるよう、市販の付箋を使ったメソッドも紹介。

付箋を本の解説どおりに貼っていくと、プレゼンテーションのスライドが作成できるように構成されていますので、初めての方でも本格的な英文プレゼンテーション原稿を自分でつくることができます。

自己紹介プレゼンテーションのためのワークシート、企画提案プレゼンテーションのためのワークシートの付録つき。

海外プレゼンテーション入門 海外で伝わるプレゼンテーションの手法とスライドのつくり方

ヤマダアツヒコ グラフィック社 2014-03-07
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス

Judy先生の成功する理系英語プレゼンテーション CD付き (KS語学専門書) [単行本(ソフトカバー)]

研究者に不可欠のスキルである、英語によるポスター発表と口頭発表。その基礎から極意、裏技までを伝授。準備段階でも会場でも使えるノウハウが満載。一歩上を行く発表術を実現する、研究者必携の一冊。音声CD付き。

第I部 知っておくと差がつく英語プレゼンテーションの基礎知識
 1章 英語プレゼンテーションで道が開ける
 2章 日本人が気づいてない英語プレゼンテーションのしくみ

第II部 成功するポスター発表
 3章 ポスター発表で研究者として成功をつかもう
 4章 効果的なポスターのレイアウト
 5章 会場でのインタラクション
 6章 ポスター発表のための準備と会場での注意

第III部 成功する口頭発表
 7章 口頭発表での英語表現
 8章 口頭発表の構成例と効果的な発表の技術
 9章 質疑応答
 10章 成功する口頭発表の準備 

巻末資料
 資料1 プレゼンテーションを成功に導く英語表現 まとめ
 資料2 数字・数式の読み方
 資料3 ポスター発表のためのチェックリスト
 資料4 口頭発表のためのチェックリスト
 資料5 英語プレゼンスキルが上達するおすすめweb sites

Judy先生の成功する理系英語プレゼンテーション CD付き (KS語学専門書)

野口 ジュディー,照井 雅子,藤田 清士 講談社 2014-02-27
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス

日本はこうしてオリンピックを勝ち取った! 世界を動かすプレゼン力 [単行本(ソフトカバー)]

日本人よ、もっとストーリーを語れ!

プレゼン下手と言われる日本人が世界を驚かせた、東京オリンピック招致の最終プレゼン。そこには“影の立役者"と言われた一人のイギリス人の存在がある。メッセージを磨き、相手を魅了し、重要な決断を引き出すために彼が考えぬいた7つのポイントとは? 2020年に向けて日本が真に国際化するための、自らをアピールする技術とは? 歴史を動かしたプレゼンテーション術の真髄を学べ!

■目次
プロローグ 2020年オリンピック招致最終プレゼン

第1章 最終プレゼンを徹底分析する

佐藤真海 「スポーツのパワー」
竹田恆和 「東京五輪のヴィジョン」
水野正人 「経済的な効果」と「過去の最良な点からのさらなる改善」
猪瀬直樹 「私たちのことを信頼してください」
滝川クリステル 「クールで安全な東京」
太田雄貴 「東京五輪はアスリートの支持を得ている」
安倍晋三 「一国の元首が伝えるべきこと」
竹田恆和 「東京に投票してください! 」

第2章 ニック式、プレゼンを成功に導く7つの戦略

戦略1 DO THE MATH/まずは算数から
戦略2 KNOW YOUR AUDIENCE/オーディエンスを理解する
戦略3 MAKE AN IMPACT/インパクトを演出する
戦略4 KEEP MAKING IMPACT/インパクトを持続する
戦略5 BE VISUAL/視覚に訴える
戦略6 BE VISIONARY/明確なヴィジョンを持つ
戦略7 PERFORM/パフォーマンス

第3章 「五輪招致の請負人」の仕事術 ~東京オリンピックはこうして勝ち取った

第4章 世界に日本をプレゼンする ~五輪最終プレゼンから日本人が学べること

エピローグ

日本はこうしてオリンピックを勝ち取った! 世界を動かすプレゼン力

ニック・バーリー NHK出版 2014-02-25
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス

これだけ! プレゼンの本質 [単行本]

プレゼンテーションでは、「話し方」や「資料の作り方」のような〈テクニック〉よりもはるかに大事なことがあります。それが〈戦略〉。

目の前の相手に求められ、選ばれるための戦略が明確でなければ、いかにテクニックに長けていたところで相手に選ばれることはありません。

相手に選ばれる思考法、プレゼンの本質がわかる一冊です。

これだけ! プレゼンの本質

野村 尚義 すばる舎 2014-02-21
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス

PowerPointビジネスプレゼン[ビジテク] 第2版 論理を磨き・信頼を獲得し・心を動かすプレゼンテーション [大型本]

戦略コンサルタントによるロジカルプレゼンテクニック!

大学やビジネススクールでプレゼン技法の講座を持つ著者が、本書にそのノウハウをすべて詰め込みました。

飲料メーカーの新製品開発プロジェクトによるプレゼンをケーススタディに、マッキンゼー流のロジカルプレゼンの考え方を解説しています。

「社内向け」「社内の経営陣向け」「社外向け」と、それぞれのシチュエーションに合わせたアプローチを解説していますので、プレゼンが必要なあらゆるシーンで役立ちます。

その他、資料の作り方の基本、世の中に溢れる駄目なプレゼン資料例、正しい資料の見せ方、実際にプレゼンテーションするときの正しいスタイルなど、プレゼンにまつわるノウハウをすべて盛り込んだお得な1冊となっています。

PowerPointビジネスプレゼン[ビジテク] 第2版 論理を磨き・信頼を獲得し・心を動かすプレゼンテーション

菅野 誠二 翔泳社 2014-03-19
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス

TEDトーク 世界最高のプレゼン術 [ペーパーバック]

プレゼン本の新たな定番!
聴衆を魅了するスーパープレゼンテーションのテクニックをあなたに伝授する1冊。

ビル・ゲイツ、アル・ゴア、ボノ、ジェームス・キャメロン、シェリル・サンドバーグ──。世界の著名人が、最上級のプレゼンを披露してきたTEDカンファレンスは、世界を変えるイベントとして注目を集めている。
ネットを通じた配信で人気上位にランクインしたTEDトークを「内容構成」、「伝え方」など12の観点から徹底分析、その極意を明らかにする。


TEDとは?
テクノロジー、エンターテインメント、デザインの3つの分野から感動や衝撃をもたらすアイディアを紹介し、広めていくことを目的としたNPOとして1984年に設立された。様々な事業の中で、会員だけが参加できるカンファレンスとプレゼンテーション動画のインターネット配信が広く知られている。日本では特に素晴らしいTEDトークを「スーパープレゼンテーション」という語学番組としてNHK・ETVで放送中。

──本書の内容から──
ビジネスのプレゼンテーションに、様々な会合でのスピーチに、
すぐにでも使えるTEDトークのテクニック

・聴衆が最も注意を傾けているのは、スピーチが始まって最初の10秒から20秒間
・「論理的な事実」と「感情に訴えかけるストーリー」を組み合わせる
・キャッチフレーズは最低3回は繰り返そう
・プレゼンターはけっして聴衆より優位に立ってはいけない
・スピーチはしょせん普段の会話の拡張版である
・話すときは、誰かに1対1で熱心に語りかけるように
・小学6年生が理解できるレベルの言葉を使う
・あなたが経験したことや見たものから引き出したストーリーを語ろう
・エゴを見せてはいけない。ほんの少しでも自己宣伝の匂いがすれば、聴衆は興味を失う
・一気に話し、適度に間を置く。「間」が聴衆の注意を引きつける
・ユーモアを駆使する。ユーモアの根は「驚き」にある
・話している間、まず両手は楽にして脇に下ろしておく。腰から上、首から下の部分で自然なジェスチャーをしよう
・スライドを使わないプレゼンがベスト。使うとしたらシンプルに、色は5色まで
・きちんと検証できる環境で、最低3回はスピーチの練習をしよう
・聴衆は、あなたのプレゼンがうまくいってほしいと思っている

TEDトーク 世界最高のプレゼン術

ジェレミー・ドノバン 新潮社 2013-07-18
by ヨメレバ



★企画書・提案書作成サービス

国際学会発表 世界に伝わる情報発信術指南 流れがわかる英語プレゼンテーション How To [単行本]

国際学会発表での英語プレゼンの心構え、発音などの英語力強化方法、スライド作りのコツ、質疑応答を乗り切るテクニック、抄録(アブストラクト)の書き方などを、流れに沿ってわかりやすく解説。

プレゼン本番までに残された時間に合わせて準備ができる3部構成(英語力強化編・スライドプレゼンテーション編・質疑応答サバイバルテクニック編)。

台本(スクリプト)の実例や、質疑応答のために覚えておきたい表現などを豊富に掲載。

著者実演の模擬プレゼン・模擬質疑応答を収録の付録DVD付き

国際学会発表 世界に伝わる情報発信術指南 流れがわかる英語プレゼンテーション How To

佐藤雅昭 メディカルレビュー社 2013-12-13
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス

心を動かす! 「伝える」技術 五輪招致7人のプレゼンターから学ぶ (SB新書) [新書]

東京承招致プレゼンテーションでは、竹田理事長、猪瀬知事、安倍首相や水野さんたちの
体から発する生身の提案を受け、IOC委員たちは「よし、彼らに任せよう! 」
「彼らと一緒に仕事をしよう! 」と、一票を投じて決断してくれたのです。
開催都市の招致活動は、熾烈なロビー・バトルが繰り広げられ、
多くのIOC委員は態度を最後の最後まで決めかねていたといいます。
そんな彼らの多くが、TOKYOに投票してくれたのは、最終プレゼンで「心を動かした」からです。
ロジカルシンキングは理路整然と整理をするだけで、心は動かせません。
パワーポイントは、見やすくするだけで、心は動かせません。
「心を動かした」のは、すべて人間が持っているチカラです。
滝川クリステルさんのビジュアルハンド(目に見える手)、太田雄貴さんの真顔の発信力、
水野さんの豊かな表情とジェスチャー、安倍首相のジャッジを引き出す手、佐藤真海さんの輝く目……
それらはすべて、人の体に備わったコミュニケーション昨日の働きです。
読者のみなさんも等しく備えている機能です。
(中略)
7人のプレゼンターは、多くのことを教えてくれています。
それをこの本では次の三部構成で紹介しています。
(第一部)言葉を超えた「伝える技術」について
非言語系のボディランゲージや、声の使い方、アイコンタクトの力などを、
各プレゼンターのプレゼンテーションを解説していくとともに、
読者のみなさんが自分の能力にするために、自宅でできるエクササイズを併載しました。
(第二部)
今回のプレゼンに使われた原稿は、実に興味深く、学びの多いコンテンツです。
「起承転結」の四段論法を縦軸に、スティーブ・ジョブズが愛した「3つのルール」手法を横軸に展開していました。
また、7人で役割分担した絶妙な連携プレイも、原稿の分析から楽しんでいただけるでしょう。
読者の皆さんが、一人でプレゼンを行う場合の構成法も学んでいただけます。
(第三部)
日本では、人前でのスピーチは「場数」が大事といって、経験を重ねるしか上達の道がないかのように言います。
しかし、そうではありません。
周到な準備と、適切なフィードバックを得た練習の積み重ねが、唯一のベストパフォーマンスへの手段です。
読者のみなさんが、ビジネスプレゼンやスピーチで着実にレベルアップする方法をお教えします。

心を動かす! 「伝える」技術 五輪招致7人のプレゼンターから学ぶ (SB新書)

荒井 好一 SBクリエイティブ 2013-12-18
by ヨメレバ


★企画書・提案書作成サービス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。